img_02

東京の不動産投資の優良情報が満載のサイトを紹介

今、運用商品の中で一番注目をしているものは不動産投資信託です。

5年前に注目し、その頃から少しずつ買い増しを続けています。


自分はキャピタルゲインを狙うよりもインカムゲインを継続的に得ることを資産運用の目的としています。

不動産投資信託はこの目的を見事に満たしてくれる金融商品なのです。

一言に不動産投資信託と言っても、いろいろな種類があります。

非上場のもののあれば、上場しているものもあります。
自分は上場しているものしか保有していません。

なぜならば、上場不動産投資信託は多くの賃貸物件を保有しており、空室リスクの低減が図れているうえに、情報開示がしっかりとしているからです。
また、上場していることによって、いつでも株式市場で売買をすることができます。取引価格も把握することができるので、自分の資産価値を常に把握できます。

また、上場不動産投資信託は証券化され小口化されているため、購入しやすい金額となっています。


銘柄にもよりますが1口数万円程度で買えるものから、高くても1口数十万円程度です。

平成24年10月末時点では、100万円を超える銘柄は1つもありません。

平均分配金利回りは5%前後です。
分配金が支払われなかったということは今までにほとんどなく、この分配金利回りはかなり信頼性の高い数値と言えます。

東京の不動産投資の情報探しはそれほど難しくありません。

中古ワンルームマンション等のチラシにも運用利回りが記載されていますが、この数字は、空室になったことを想定していません。
仮に空室になってしまうと、運用利回りは大きく下がります。



しかし、不動産投資信託の場合には、空室になった場合、ある程度であればコスト削減で対応が可能です。
日々の管理は運営会社が行ってくれるので、投資主が自らしなければならないことは何もありません。



中古ワンルームマンションで資産運用を始めたいと考えている人は、中古ワンルームマンションの検討と共に、上場不動産投資信託も考えてみることをお勧めします。