トイレのつまりに関しては修理代金が安い業者を探したほうがいい

###Site Name###

飲食店経営者にとって、トイレのつまりは死活問題です。


これは冗談ではなく、本当のことです。

実際、トイレのつまりが続いたせいで、経営が危なくなった飲食店があるのです。
このことは、本で読んで知りました。



ある飲食店で、トイレのつまりが頻発しました。

よく来るお客さんの一人が、トイレのつまりの原因となるものを故意に流していたのです。




しかし、そのお客さんが、つまりの原因になるものを流している現場を見たわけではありません。とはいえ、そのお客さんがトイレから出た後につまります。

飲食店の経営者としては、注意したくてもできません。

しかし、飲食店にはトイレの設置義務があるので、つまったままでは営業ができません。

そこで、つまるたびに業者に来てもらって直していました。



当然のことながら、トイレのつまりを直すためには、お金がかかります。

それも、けっこうな額のお金がかかります。
この修理費用のために、お店は赤字が続きました。そのうち、つまりの原因となるものを流していたお客さんは来なくなりました。
そのお客さんが来なくなってから、トイレがつまらなくなりました。やはり、そのお客さんが原因だったのです。


自然と来なくなったからいいものの、そのままずっと来られていたら、その飲食店は潰れていたはずです。

その飲食店経営者も、まったく策を講じなかったわけではありません。

このままいくと潰れてしまうわけですから、何かするのは当然のことです。単純な対策ではありますが、修理費用が安い業者を探したのです。



要するに、きちんと直してくれればいいのです。修理費用が安いなら、安いほうがありがたいのです。

実際、安いからといって、きちんと直さないわけではありません。



料金は同じでも、同じように直してくれるのです。
修理費用は、高い業者と安い業者では、かなりの差があります。


ですから、飲食店経営者は、安く修理してくれる業者を、トイレがつまる前から探しておいたほうがいいのです。何事も事前の準備が大切です。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1354608358
http://www.lion-meishi.com/
http://shinagawa-skin.com/tarumi/